生物担当:鈴木 寛人(すずき ひろと)

ホーム > ご挨拶 > 講師陣 > 鈴木 寛人


生物学は、我々人類にとって最も身近な学問だと言っていいでしょう。
なぜならば、ヒトは生き物だからです。
ヒトの行動は生物学によって説明できます。
例えばヒトが朝起き、昼に活動し、夜寝るという基本的なルーティンが自然に繰り返されるようになっているのは、概日リズム遺伝子が働いているからです。

しかし私の経験上、夜遅くまでパソコンを見て遊び、朝全然起きられないという現象もまた日常的に見られるわけです。
では遺伝子レベルで染み付いたはずの生活リズムがなぜ、いとも簡単に崩れてしまうのか。
それも、生物学的に解明することができます。
ヒトは強い光を浴びると概日リズムのリセットが起きるため、夜パソコンを見続けていると、パソコンのディスプレイの光によって周期が乱れてしまうのです。

生物学は生活に密着した謎を解き明かすことで、我々が自分自身についてよりよく知るための強力な手段を提供してくれます。
高校生物を学ぶことは、そのための基礎となるでしょう。
授業を通して、みなさんと生物学の遥かな世界を学んでいきたいと思っています。
生物学の底しれぬ魅力を、共に楽しみましょう!


ホーム > ご挨拶 > 講師陣 > 鈴木 寛人