ホーム > Q&A


Q.入室するにはどうすればいいですか?
A.⇒通常授業を受講していただくには、入室テストを受けていただきます。
テストに合格された方には初回授業のご案内を致します。
入室前の体験授業はご用意しておりませんが、初回授業を受講してから入室を辞退することもできます。
初回授業を受けてみて入室するかどうかご判断ください。
※季節講習には入室テストはありません。  
※入室辞退の場合、授業料はいただきません。
Q.1クラスの人数はどれくらいですか?
A.⇒講師が生徒一人ひとりの理解度・定着度・課題を把握できる人数構成です。
中学生:10〜20名程度 高校生:15〜30名強程度
Q.志望校別にクラスは分かれているのですか?
A.⇒「志望校別」ではなく、現時点での「学力別」でクラスは編成されています。
各学年毎に積み上げる骨太な学力は共通だからです。
ただし、受験が近づけば、担当講師は授業内でのコミュニケーションで生徒の志望校を把握します。
それに応じて、問題演習・解説なども皆さんの志望校を踏まえていきます。
受験間際には、個別に添削指導も受け付けています。
Q.途中入室でも授業についていけますか?
A.⇒入室テストに合格した方は責任を持って指導をいたします。
未習範囲がある場合には、「今後何をする必要があるか」を個別に提案していきます。
学力に合ったクラスで、個別の課題をしっかりとクリアしていけるようサポートしますのでご安心ください。
Q.宿題は多いですか?
A.⇒各科目とも、学校生活に支障が出ない量です。
グノーブルの宿題は多くても1週間に2〜3時間とっていただければ十分です。
量と質のバランスが大切だとグノーブルでは考えています。
Q.指導は厳しいですか?
A.⇒意欲の芽を育む授業がモットーです。
お尻をたたいて詰め込むだけの授業では、難関大学までの道のりを乗り切れません。
大事なことは、皆さん自身が「勉強が楽しい」と思えて「がんばりたい」という意欲が持てることです。
グノーブルでは、信頼できる先生と、いい意味で競い合える仲間に恵まれるような環境作りを心掛けています。
Q.グノーブルの英語指導の特長は?
A.⇒大学受験にも、大学進学後にも役立つ英語力を培います。
中1から受験学年までの6学年すべてに、独自開発の音声教材GSL(Gnoble Sound Laboratory)を用意しています。
すべての学年で発信型英作演習&添削GCL(Gnoble Creators' Laboratory)も積極的に行っています。
このページもご覧ください。

ホーム > Q&A