2020 Gnoble 14期生 合格者の声 −横浜市立大学(医学部)− ※アイウエオ順

ホーム > 2020『声』 > 横市(医)


[2020/3/28UP]
W.M.くん(桐蔭学園中等教育) 横浜市立大学 医学部・医学科 進学
[防衛医科大学校 医学科、東京慈恵会医科大学 医学部・医学科、順天堂大学 医学部・医学科、日本医科大学 医学部・医学科、東邦大学 医学部・医学科 合格]

ホッとしています。

☆いつからGnoble?
高2の9月から。
英語を克服したかった。
グノに入ってそれまで受けてきた授業とのレベルの差を痛感した。

☆Gnobleの良かったところ。
先生がすぐに自分の名前を覚えてくれる。
先生と生徒の距離が超近い。
英単語を語源から教えてくれる。
GSL(音声教材)。
周りの生徒のレベルがみんな高い。
毎回の添削がとても丁寧。
ここまで生徒思いの先生たちはなかなかいない。

中山先生
要約はなかなか合格点をとれませんでした。
でも、「点数が悪くても、解説を通して課題と向き合っていけば必ず成長できる」という励ましで、たとえ点数が低くても前向きに学習できました。
最後まで毎回課題と向きあうことの繰り返しでしたが、それは着実に実力の向上につながり、受験本番になって成果が出ました!
中山先生に教わっていなかったら、今頃英語が絶望的な成績になっていたと思います。
そして、先生には英語以外の面でも感謝がいっぱいです。
人生に役立つようなお話もたくさんありがとうございました。
中でも一度クラスが落ちてしまった時にいただいたresilienceという言葉は、自分の一番好きな言葉になりました。

本原先生
中山先生のパワーあるれる授業の疲れも先生の優しい笑顔で吹き飛びました。
おかげで集中して取り組めました。
授業中、凡ミスをしてしまった時も、とても丁寧に解説して下さりありがとうございました。
英作文の添削を毎回してもらったことで、英文を書くのが苦痛に感じなくなりました。
そして、何より授業中にぼそっと言う一言がとても面白く、楽しく学ぶことができました。

☆後輩へのメッセージ。
とにかく音読を毎日少しでもいいので続けるといいです。
問題集解いたという達成感がないので不安になるかもしれませんが、間違いなく揺るぎない土台ができていくはずです。

☆大学受験を経て。
学習時間より学習方法の方が大切だと思うようになった。

☆Gnobleはどんな塾?
通わなきゃ損する塾!


ホーム > 2020『声』 > 横市(医)