2020 Gnoble 14期生 合格者の声 −東京工業大学− ※アイウエオ順

ホーム > 2020『声』 > 東工大


[2020/4/4UP]
K.S.くん(開成) 東京工業大学 工学院 進学

まずは素直に嬉しいです。
Gnobleを信じて最後まで走り抜けることができ、良かったです。
また、今まで支えてくれた全ての人に感謝したいと思います。

☆いつからGnoble?
高2の春から講習を受け、本格的に入塾したのは高2の夏。
実際に授業を受け、自分に合う塾だと感じたため、入塾を決めた。

☆Gnobleの良かったところ。
やみくもに問題をこなすのではなく、全体に通ずる重要な部分を重点的に教えてくれたので、効率よく勉強することができた。
また、授業中に指名されることも多いため、適度な緊張感があり、授業の復習なども自然と行うことができた。
先生との距離も近く、質問や相談を気軽にすることができた。
時には雑談もあったりと、受験勉強の心の支えにもなった。
比較的気軽に授業の振替ができる点もよかった。
授業前から教室の雰囲気も良かった。

秋好先生
高3の1月期からお世話になりました。
先生の授業は緊張感があり、苦手だった英語も、何とかしなくてはという思いで時間を割くことができました。
本当に多くのことを教えていただき、ありがとうございました。

松本先生
長い英語の授業の中で、松本先生の話し方やギャグ、たまにあるスベらない話は、とても気持ちを楽にしていただきました。
また、同じことをくり返し教えていただいたことで知識を定着させることができました。
ありがとうございました。

田部井先生
最初から最後まで、本当に長い間お世話になりました。
先生の指導は他人に自慢したくなるくらい分かりやすかったです。
先生に数Vを習っていなければ、合格はあり得ませんでした。
本当にありがとうございました。

越川先生
主に高3の夏以降お世話になりました。
数TAUBの基礎から丁寧に教えてくださったおかげで、遅れを取り戻すことができました。
数学における思考回路を養うことができました。
ありがとうございました。

先生
物理の授業は本当に楽しくて仕方なかったです。
これぞGnobleという感じで、物理に対しての自信をつけることができました。
Gnobleの物理を信じ抜くことができ良かったです。
優しく、気さくに接してくださり、ありがとうございました。

伊藤先生
先生の授業を受けているうちに、いつの間にか化学が得点源となりました。
毎週どんな実験があるのかとても楽しみにしていました。
毎回あっという間に時間が過ぎてしまうほど、楽しく授業を受けることができました。
たくさんの質問や相談に応じてくださり、ありがとうございました。

☆後輩へのメッセージ。
周りの友達が問題集や過去問を見せびらかすようにやっていても焦る必要はありません。
Gnobleと自分を信じて、Gnobleの授業の復習や宿題を自分のペースでこなしましょう。

☆大学受験を経て。
自分が信じたことを最後まで貫けるようになった。

☆Gnobleはどんな塾?
勉強が楽しくなる塾。


[2020/4/4UP]
T.Y.さん(筑波大学附属) 東京工業大学 環境・社会理工学院・建築学系 進学 (AO入試)

一般入試で入学する人たちに負けないように、ここで満足せずこれからも勉強を頑張りたいと思います。

☆いつからGnoble?
高2の秋に、雑誌「大学への数学」の広告を見て、受験だけにとらわれずに英語が学べそうだと思ったから。

☆Gnobleの良かったところ。
先生が熱心なところ。
メールで過去問の添削をお願いしたら、1週間後に返却されると思っていたのに2時間で返ってきて、とても驚いた。

関田先生
先生の要約の採点は厳しかったですが、そのおかげでより良く書こうと努力することができ、要約が得意になりました。
ありがとうございました。
印象に残っているお話は、おじいさんの代から続く、名前のお話です。

松本先生
入塾前は、文法の問題を、明確な根拠を持たず解いていました。
先生が全ての選択肢について、どの点でバツかを説明して下さったのがとても助かりました。
過去問の添削もありがとうございました。

☆後輩へのメッセージ。
授業の復習をためない。
電車の中でGSLをうまく活用する。

☆大学受験を経て。
その場では役に立たないと思えるようなことも、後から思いがけない形で役に立つことがあるということを学べた。

☆Gnobleはどんな塾?
豊富な演習量と先生の言葉により「この教科は大丈夫」と、自信がつく。


[2020/4/4UP]
T.K.くん(海城) 東京工業大学 工学院 進学

受かってただただホッとしている。

☆いつからGnoble?
高3の春。
オススメしてくる友人が多かった。
宿題が少なく演習メインで自分に合った塾だった。

☆Gnobleの良かったところ。
授業を中心としていて、授業が充実しているところがよかった。
他よりも先生と生徒の距離が近くて楽しく学ぶことができた。

中尾先生
話が面白く、とても楽しんで授業を受けることができました。
今まで英語が嫌いだった僕が英語を楽しむことができたのは先生のおかげです。

澤根先生
授業の雰囲気がとても明るく、英語の長文を読むことが好きになる授業でした。
音読を大切にする姿勢はこれからも続けていきたいと思います。

☆後輩へのメッセージ。
塾や学校の授業を大切にした方が良い。
自分だけで勉強する方が授業よりよっぽど面倒だし、モチベーションも上がりにくい。

☆大学受験を経て。
自分を過度に信用してはいけないと学んだ。
努力しやすい環境に自分を置かないとどんどん堕落してしまう。
塾や学校、友人は有効に活用すべし。


[2020/4/4UP]
N.M.さん(鷗友学園女子) 東京工業大学 物質理工学院 進学
[慶應義塾大学 理工学部・学門E、早稲田大学 先進理工学部 合格]

ほっとしています。
遊びつつきちんと勉強して大学生活を充実させたいです。

☆いつからGnoble?
中3の春。
友達が通っていたから。

☆Gnobleの良かったところ。
先生がすぐに名前を覚えてくれる。
一人一人を気にかけてくれる。
英語の長文を大量に読むことができ、全体の解釈も細部の解説もしてもらえるのでその文章を完全に理解できる。
数学は答案の添削を丁寧にしてくれるし、解説が本当に分かりやすいので必ず力になる。

田部井先生
数Vを一から教わり、とことんお世話になりました。
試験の前日、先生のプリントを一通り見返して、とても頭が整理されました。
私の質問に全て丁寧に答えてくださってありがとうございました。
先生のおかげで数Vを好きになれたし、数Vのできる理系を選んで良かったと思えました。
約2年間本当にありがとうございました。
先生めちゃくちゃ忙しそうで心配なので、お身体にお気をつけてください!笑

秋好先生
最初の印象は授業のスピードも早くバンバン当ててきて怖い…という感じでした。
しかし高3の途中から最後までずっとお世話になり、先生の授業の面白さに気づけました。
先生の冗談を楽しみながら授業を受けられるようになったし、先生に当てられた時絶対答えたい!というのがモチベーションの一つでもありました。
楽しい授業をありがとうございました。
過去問添削も含め、お世話になりました。

松本先生
短い間だったのですが、文法の授業でお世話になりました。
先生の授業は色々印象的で、その印象の強さのおかげで身に付けられた文法がたくさんあります。
楽しい授業をありがとうございました。

☆後輩へのメッセージ。
数学は少しでも「?」と思ったら妥協しないで理解するべき。
英語は音読などで毎日触れるように心がけていた。
物化は夏にたくさんやる!

☆大学受験を経て。
自分をほめることの大切さを知った。
(意外と難しい。)

☆Gnobleはどんな塾?
英語ももちろんだけど数学も自慢の塾!


[2020/4/4UP]
F.D.くん(東京都市大学付属) 東京工業大学 工学院 進学
[早稲田大学 創造理工学部・総合機械工学科、東京理科大学 工学部・機械工学科 合格]

受かった余韻に浸っている。
新しい趣味を探そうと思います。

☆いつからGnoble?
高1初期。
英語が致命的に出来なかったから。
周りのレベルが高くて不安だった。

☆Gnobleの良かったところ。
集団塾にもかかわらず、一人一人真摯に対応してくれるところ。
自分でやらなければいけない課題を見つけさせてくれるところ。

数学:田部井先生
数学本来の楽しさを教えてくれた先生で、受験最後まで数Vを一番楽しく勉強できました。
本当に感謝しかありません。

英語:秋好先生
これほど密度の濃い授業は初めてでした。
これ以上の英語の先生はいないと勝手に思っています。
最後まで要約でひどい点数ばかりとる出来の悪い生徒ですみませんでした(笑)。

英語:松本先生
松本先生のダジャレやお話が面白く授業が本当に楽しみで、楽しく英語の勉強ができました。
授業後の質問では毎回優しく答えてくれて、躊躇せずに疑問を聞くことができて本当に助かりました。

☆後輩へのメッセージ。
とりあえず先生の言うことに従っていれば着実に成績が上がるので、先生を信じる。

☆大学受験を経て。
自分にも出来るんだと自信が持てた。

☆Gnobleはどんな塾?
授業を受けないと人生を損する塾です。


[2020/4/13UP]
M.J.くん(都立日比谷) 東京工業大学 情報理工学院 進学
[早稲田大学 基幹理工学部・学系U 合格]

今は合格できて安心しています。
僕は物理が好きなので大学の予習をしておこうと思います。
英語力も続けて伸ばしていきたいです。

☆いつからGnoble?
高1に進級するときに「英語といえばGnoble」と聞き、決めました。
Gnobleに入って松本先生が初めての先生でした。
元気な先生だと感じました。

☆Gnobleの良かったところ。
Gnobleは義務的な宿題が少なく、前回の授業の復習や自分に足りないと感じることを自由に勉強できたところが一番良かったかなと思います。
また、1年に3回程あるクラス分けテストに向けて、自分で総復習するという習慣ができたところも僕には向いていました。

中尾先生
高1、2の2年間程お世話になりました。
特に文法に関して何度も僕が不得意なものを教えてくれたので、高3ではつまずかずに進めました。
ありがとうございました。

秋好先生
高2で短い間でしたがお世話になりました。
先生の授業ペースが好きでした。
高3で違うクラスになっても話しかけてくださって、覚えてくれていて、嬉しかったです。

本原先生
授業中に演習したものの添削が返ってくるのが楽しみでした。

中山先生
英語の勉強方法を教えてもらったのがとても僕にとって大きかったです。
「自分に足りないところにしっかり向き合おう」というものは全てに通じました。

☆大学受験を経て。
毎回の授業である、英文要約の演習によって論理的な読解と思考力が身に付いたと思う。
自分の苦手なものに向き合う姿勢が大切だと実感できました。


ホーム > 2020『声』 > 東工大