2020 Gnoble 14期生 合格者の声 −東京女子大学− ※アイウエオ順

ホーム > 2020『声』 > 東京女子


[2020/8/22UP]
T.R.さん(雙葉) 東京女子大学 現代教養学部・心理・コミュニケーション学科・コミュニケーション専攻 進学

進学先が確保できて本当に安心しています。
就職等を見据えて何かしらの付加価値を自分に付けようと思います。

☆いつからGnoble?
高2の冬。
周囲にグノを勧める人が多かったため。
人数が少なくてアットホーム。

☆Gnobleの良かったところ。
先生がすぐに名前を覚えてくれて、気にかけてくれていたので、やる気が続かないタイプの自分のスイッチを何度も入れてくれて、最後まで続けられた。
授業中当たるので、「他の誰でもなく、自分が理解して覚えなければ」という気持ちを一層持てた。

吉田先生
大好きです
先生のお陰で受験ができたと言っても過言ではないです。
第一志望の日に体調を崩して受験できなくなり、泣きながら先生にしたメールの返信が温かすぎて、余計泣きました(笑)。
そのお陰で、その後の試験も受けに行くことができました。
本当にありがとうございました。
授業中も、日本史と関連のある知識事項をたくさん聞いてくれたので、暗記下手な私でもしっかり覚えることができました。
先生の多趣味さに憧れます。
どう時間を使っているのか今度教えてください(笑)。

山口先生
英語の通年クラスに入れなかった、とんでもない英語弱者だったので、講習だけお世話になりました。
先生のユーモアあふれる授業をもっと受けてみたかったです。
来世では通年クラスでお目にかかれるよう頑張ります(笑)。

☆後輩へのメッセージ。
とにかく英語をやってください。
英語の通年クラスに入れたらたぶんそれだけで勝ちです。

☆大学受験を経て。
中学受験が割と成功したタイプなので、「人生何とかなるわ」みたいな謎の楽観があったのですが、全部なくなりました。
自分が努力しなければどうにもならない。
人生18年でやっと気づきました。

☆Gnobleはどんな塾?
面倒見が良いし、機械的に受験テクニックを身につけるだけじゃない学びができる。


ホーム > 2020『声』 > 東京女子