2020 Gnoble 14期生 合格者の声 −大阪大学− ※アイウエオ順

ホーム > 2020『声』 > 阪大


[2020/8/21UP]
I.K.くん(栄東) 大阪大学 基礎工学部・電子物理科学科 進学

第一志望だった大学に合格し、素直に嬉しい。
大学の学問を究めると共に、主体的に取り組めるものを探し、行動に移したい。
頑張ります。

☆いつからGnoble?
高1の春。
親から勧められたので。
とても親切に教えて下さった。
入塾してやり込んだ音声教材GSLにより、成績が格段に上がり、衝撃を受けた。

☆Gnobleの良かったところ。
一コマ毎の密度が高く、毎週一回の授業でも大学受験において必要とされている英語の技能を不足なく身に付けることができた。(自分は英語のみ受講)
特にGSLは重宝しており、毎日聴くことにより英語の感覚を研ぎ澄ませられた。
要するに、英語学習の時間が最後まで節約できたということ。

松本先生
優しい語り口とポイントを押さえた解説で、文法の理解が捗りました。
英作文の添削ありがとうございます。

関田先生
僕が一番長く師事した先生です。
高1から高3までありがとうございました。
単語の解説が詳しく、Gnoble式の読解方法や単語の覚え方が身に付きました。

その他、秋好先生、菊島先生、田村先生など、優れた先生方に教養溢れる授業を展開していただき、僕の血となり肉となったことをここに付け加えておきたい。

☆後輩へのメッセージ。
授業でも言われるでしょうが、音読は毎日欠かさずして下さい。
一日でもやらない日が出来ると感覚がなまってしまいます。
あと、Gnobleの英語の授業を受講している人はGnobleの教材だけやり込んで下さい。

☆大学受験を経て。
沢山ある。
客観的な視点(主に数学)から自分を見られるようになった。
場面場面で自分が何をすればよいかの見極めが出来るようになった。
自制心が強化され、メリハリが付くようになった。
何より、学問への興味が高まった。
などなど。

☆Gnobleはどんな塾?
英語を、受験科目とは異なる新たな視点から捉え直す機会を与えてくれる場所。


[2020/8/21UP]
M.T.くん(攻玉社) 大阪大学 基礎工学部・システム科学科 進学
[東京理科大学 理工学部・経営工学科 合格]

Gnobleという塾を知れて、そこで一生懸命頑張れて良かった。

☆いつからGnoble?
高1の冬。
冬期講習の授業が自分に合っていると思ったから。

☆Gnobleの良かったところ。
他塾にはないGSLを活用でき、英語力を上げることができた。
語源を丁寧に教えていただき、知らない単語でもある程度推測できた。

菊島先生
面白くて、friendlyな先生でした。
個人的に推しな先生です!!

秋好先生
要約ができなくてごめんなさい!!
楽しい授業をありがとうございました。

松本先生
独特のスタイルで非常に分かりやすい先生でした!!

☆後輩へのメッセージ。
音読、GSL

☆大学受験を経て。
音読がここまで重要だとは思っていなかった。

☆Gnobleはどんな塾?
英語を数段上げることのできる面白い塾。


ホーム > 2020『声』 > 阪大