2020 Gnoble 14期生 合格者の声 −お茶の水女子大学− ※アイウエオ順

ホーム > 2020『声』 > お茶の水


[2020/8/20UP]
M.A.さん(豊島岡女子学園) お茶の水女子大学 文教育学部・人文科学科 進学

絶対落ちてると思っていたので信じられないです。

☆いつからGnoble?
高2の春に母に勧められGnobleに通うことにしました。

☆Gnobleの良かったところ。
私は高2の春、EGGSから入りました。
正直、その時点では英文を見てもちんぷんかんぷんで高3になっても長文を読めるようになるのか不安でした。
でもたくさんの知的好奇心を刺激するような長文を毎日毎日音読することで英語の長文に対する不安が徐々に薄れていきました。
音読は大事です。
浪人することになり、夏まで他塾に通っていたのですが、Gnobleの授業を忘れることができず戻ってきました。
他塾に通っていた時はGnobleでは細部にわたって解説してくれていたのに…だとかGnobleでは毎回添削してくれてたのに…等々思ってしまい物足りなさを感じていました。
Gnobleはすごかったんだなと他塾に通ったことで改めて思いました。

秋好先生
高3、浪人とお世話になりました。
長文は先生に教わっていたおかげで、長文への苦手意識がなくなったどころか楽しく読める程度まで成長しました。
本当に感謝しています。
ありがとうございました。
過去問の添削も丁寧にしていただきありがとうございました。

松本先生
高2の夏から高3、浪人とお世話になりました。
一番長く教わっていました。
直前期には過去問の添削をしていただきありがとうございました。

☆後輩へのメッセージ。
Gnobleを信じて頑張って下さい。

☆大学受験を経て。
毎日音読をすることで、コツコツ努力することは時間がかかっても自分の力になるんだなということを学べました。

☆Gnobleはどんな塾?
いつまでも通ったことを誇れる塾!


ホーム > 2020『声』 > お茶の水