2020 Gnoble 14期生 合格者の声 −明治大学− ※アイウエオ順

ホーム > 2020『声』 > 明治


[2020/8/21UP]
O.K.さん(吉祥女子) 明治大学 法学部 進学
[明治大学 政治経済学部・経済学科、明治大学 経営学部、立教大学 法学部・法律学科、立教大学 経済学部・経済学科、法政大学 経営学部・経営学科、成蹊大学 法学部・法律学科 合格]

第一志望校は補欠待ち(望みなし)という結果になってしまいました。
本当に悔しいですが、グノに通えたことはとても良かったです。

☆いつからGnoble?
中3頃。
通いやすく、レベル別で英語が得意でない自分に合っていた。
先生が親身になって質問に答えてくれる。

☆Gnobleの良かったところ。
高3になって、要約を毎授業するようになったことで、自分の中ですごく英文を読みやすくなった。
要約で高得点を取るのは難しいが、授業の解説で、どこが大切なのか、どことどこの論がつながっているのか、などが理解できるようになり、その結果スラスラと読解できるようになったので本当に良かったです。
集団授業なのに生徒を指して解答させるため、集中力が途切れることなく授業に臨める。

秋好先生
要約や下線部和訳の添削などを行っていただき、授業の復習の精度が上がりました。
先生の授業はスピードが速く(板書も喋るスピードも超速い)、ついていくのが大変な時もありますが、程良い緊張感も相まって非常に充実した授業を受けることができました。
ありがとうございました。

松本先生
先生の授業を一番多く受けたな、と振り返って思います。
先生の板書が分かりやすく、視覚的にも覚えやすかった印象です。
声を出して笑うことはできませんでしたが。先生のギャグは絶妙で面白かったです。
何度も言うので定番のは覚えてしまいました。
毎週楽しかったです!!
ありがとうございました。

中尾先生
数回ではありましたが、とてもお世話になりました。
相談した際も、とても親身になって下さり、とても嬉しかったです。
先生の授業も、先生と喋った時間も、受験期メンタルが落ちていた私にとって、とても有意義な時間でした。

田村先生
授業前の単語プリントが、最後の抜けを確認するのに最適でした。

筆保先生
先生との出会いは私の中で英語学習のターニングポイントになりました。
成績が伸び悩んだ時、相談に乗って下さりありがとうございました。
高3の冬に久しぶりにお会いした時、覚えて頂けて嬉しかったです。

☆後輩へのメッセージ。
音読は本当に大切。
プリントをコピーして、ファイルに入れて、毎日お風呂で読むのがオススメ!
音読をサボると一気に英語力が落ちるし、逆に音読を頑張ると、英語力がUPする!
グノーブルで英語を学んだことに後悔はありません。
もちろん、第一志望合格するのが一番良いが、落ちてしまっても、合格を目指して努力した事実は変わりがないし、誰も落ちたことをバカにするような人はいないから、とにかく最後まで全力で頑張ってほしい。
自分の意識次第で将来は良い方にも悪い方にも転ぶから、先生を信じてひたすら頑張るのみ!

☆Gnobleはどんな塾?
知力も精神力も鍛えられる塾!


[2020/8/21UP]
K.Y.さん(広尾学園) 明治大学 情報コミュニケーション学部 進学
[立教大学 文学部・ドイツ語学科、明治学院大学 経済学部・国際経営学科、成城大学 法学部、成蹊大学 文学部、成蹊大学 法学部、昭和女子大学 国際学部・英語コミュニケーション学科 合格]

受験が終わってほっとしています。英語力が落ちないように少しでも毎日英語に触れるようにしたいです。

☆なぜGnoble?
兄が通っていたので。
入塾当時は授業時間が長すぎる印象でした笑

☆Gnobleの良かったところ。
少人数であったこと。
一人一人その場で採点してくれたところ。
先生に当てられることで常に緊張感があったこと。

筆保先生
高2でお世話になりました。
先生の授業で勉強は楽しいって思ったし、宿題ちゃんとやらなきゃって改心しました。
高3になって廊下ですれ違ったときに声かけてくれたのはほんとに嬉しかったです!

山口先生
高3でお世話になりました。
授業が面白すぎて塾行くのが楽しみでした!
高3で先生に出会えて良かったです。 

☆後輩へのメッセージ。
音読!

☆大学受験を経て。
周りの人に感謝するようになった

☆Gnobleはどんな塾?
友達いなくても先生が面白いから楽しいって思える塾。


[2020/8/21UP]
T.Y.さん(世田谷学園) 明治大学 情報コミュニケーション学部 進学
[中央大学 国際情報学部、成城大学 文芸学部 合格]

大学で頑張ろうと思います。

☆いつからGnoble?
高1の終わり頃。
苦手な英語の補強のため。
英語の量、難易度がハンパなかった。

☆Gnobleの良かったところ。
英語だけでも「作文」と「読解」が分離して授業が設けられているし、音声教材がGSLも完備されているので、総合的に対策ができる。
毎週の授業内の演習問題が充実しているので、難しめの長文に慣れることができる。
クラスの規模が小さく、先生も一人ひとりを記憶してくれるので、取り残されることがない。

松本先生
毎授業必ず面白い話やギャグを言っていてとても楽しく聞いていました。
質問に行った際も丁寧に答えていただきとても感謝しています。
英作文も上達できたので大満足の授業でした。

田村先生
長文の読解ではわかりやすい解説をしてくれたので、苦手だった要約も最初の頃から成長できたと実感しています。
いつもフレンドリーに接していただきとても楽しかったです。

☆後輩へのメッセージ。
英作文と要約は必ず誰かに見てもらうこと。
簡単に見えるものでも自分だけではミスに気がつかない場合が多いため。

☆大学受験を経て。
英語を通して多種の文章を読んで複眼的思考が身に付いた。
勉強は結果的には「受験のため」ではなく「自分のため」であると思った。

☆Gnobleはどんな塾?
英語力を習得するなら絶対行くべき塾。


ホーム > 2020『声』 > 明治