2020 Gnoble 14期生 合格者の声 −東京医科歯科大学(医学部含む)− ※アイウエオ順

ホーム > 2020『声』 > 東京医科歯科(医含む)


[2020/3/30UP]
K.M.さん(桜蔭) 東京医科歯科大学 医学部・医学科 進学
[東京慈恵会医科大学 医学部・医学科 合格]

今はとにかく嬉しいです。
英会話を頑張りたいです。

☆いつからGnoble?
高1夏。
古文が苦手だったから。

☆Gnobleの良かったところ。
先生との距離が近く、また授業中に何回も指名されるため、「アクティブラーニング」につながった。

吉田先生の授業はいつもあっという間で、本当に毎回授業が楽しみで、私は一番好きな教科が古文になりました。
大学生になっても、色んな先人たちの本を読んだりして、人間としての深みを身につけたいと思います。
ありがとうございました。

☆後輩へのメッセージ。
高1古文のお帰り問題は無敵です!

☆大学受験を経て。
自己分析ができるようになった。

☆Gnobleはどんな塾?
添削が丁寧。
授業中も授業以外でも先生との距離が近く、アットホームさを最高に生かしている最高の塾!


[2020/3/29UP]
S.M.くん(暁星) 東京医科歯科大学 医学部・医学科 進学 (後期)
[東京慈恵会医科大学 医学部・医学科、日本医科大学 医学部・医学科(特待)、順天堂大学 医学部・医学科 合格]

第一志望の大学で思うような結果を出せず、後期入試まで受けるという苦しく長い入試期間が終わり、安堵・喜び・後悔が入り混じった気分です。
東京医科歯科大学は独立した教養部があるため、医学や数理系科目だけではなく人文社会科学系科目の学習にも精を出したいです。
また、受験期にはなかなか体を動かすことができなかったので、運動部に入部したいと思っています。
そして、将来的には臨床の小児科医になりたいです。

☆いつからGnoble?
中3の冬前に、学校の友人たちが次々と塾に通い出しているのを見て、焦りを覚え、塾探しを始めました。
そして、英語の評判が良かったこと、大手の塾と違って私と同じ学校の生徒が少なく勉強に集中できること、初めて受講した冬期講習が面白かったことが理由でGnobleに入塾しました。

☆Gnobleの良かったところ。
グノーブルでは、授業中に演習、その場で添削、即座に解説という革命的な授業が行われています。
どこがわからなかったかがはっきりしているうちに解消できるというのが本当に良かったです。
また、人見知りで、授業外に直接質問をしに行くことができなかったので、メールを使って質問、相談、添削依頼をでき、それにすぐに親身な返信をしていただけるというグノーブルのシステムは非常にありがたいものでした。
何よりも、グノーブルの英語及び国語の授業を通じて、文法事項を身につけつつも、文章を文章として楽しむということを学べたことで、苦手意識のあった科目を、楽しく、そして深く学べるようになりました。

中山先生
先生の授業は、英語を英語のまま読めるようになる示唆に富んだものでした。
その上、英文の内容だけではなく、その背景などの広い知識を話してくださるので、教養も深まるものでした。
その一つとして、クラス分け試験の後に先生が励ましの言葉としておっしゃっていた”resilience”という言葉が今年のセンター試験の評論文の主題となっていたので、現代文が大の苦手な私でも容易に読み解くことができました。
また、第一志望の大学で結果が出せず、後期試験を受けることが決定したときに、メールで面接試験についてお聞きしたところ、親身に対応していただき、励ましの言葉をいたただきました。
そのおかげで、自信を持って入試に挑むことができ、結果につながりました。
そして、入試結果をすぐにご報告に伺った際に掛けていただいた言葉がとても嬉しかったです。

本原先生
単に覚えるものと思っていた文法事項についても、成り立ちを教えて下さるなど面白い知識をいただける、穏やかな雰囲気の授業でした。
先生の授業を通じて、苦手だった自由英作文や和文英訳にも構えずに取り組めるようになりました。
また、直前期にメールで順天堂大学用の非常に長い自由英作文の添削を依頼した際にも丁寧なアドバイスなどをいただけ、私大の入試などでも自由英作文を短い時間で仕上げることができるようになりました。

秋好先生
とてもユニークで面白い言動をなさるので(学校で友人達とよくモノマネをさせていただいておりました)、延長時間は長いものの、全く飽きずに楽しめる授業でした。
私は、幸運にも高1のGタームでα3ときに先生の授業を受けることができ、英語の学習を楽しく思えるようになり、上位のクラスに上がることができました。
また、高2の1年間もお世話になったのですが、その間に読んだ多くの文章は、英語のみならずそれ以降の学習の糧となりました。
そして、先生が推奨していた語源ノートを作り続けるうちに、英単語を生み出してきた人々の考え方が次第に分かるようになり、とても楽しかったです。

中尾先生
高1のE,Fタームでお世話になりました。
先生の授業を通じて、基礎的な英語力を大きく向上させることができました。
私は、いつも教室の最後列の隅に座り、授業外で先生とお話ししたことはありませんでした。
しかし、高3の冬に校舎内で、名前を覚えていて話しかけてくださったことが、どんな生徒にも気をかけてくださっていると感じ、とても嬉しかったです。

藤岡先生
高1のα3のときに、講習や振替でお世話になりました。
添削プリントの英語で答えを書く問題を日本語で記述するなど、かなり適当な態度で受講してしまっていたのですが、懇切丁寧にコメントを書いてくださったということが、とても印象に残っています。

吉田先生
尋常でないエネルギーで、絶妙な例え話を駆使した、笑いの絶えない面白い授業でした。
特に、文法事項だけでなく、文章全体のストーリーの理解を要する全訳演習、現代語にも通ずる言葉の成り立ちを理解できる古文単語の語源解説が、自分の中での古文のイメージを180°転換してくれました。
私は、国語はセンター試験のみで利用するつもりだったのですが、現代文が絶望的にできなかったため、国語での失点を少しでも減らそうと高2の古文、漢文(冬期講習)、高3のセンター国語(夏期講習)を受講しました。
そのおかげで、センター試験の本番で195点を取り、足を引っ張るどころかアドバンテージとなり、センター試験での高得点を要する医科歯科後期の結果に繋がりました。

中村先生
高3の小論文でお世話になったのですが、社会の出来事に対する批判的思考力を養える、これからの人生にも役立つ有意義な授業でした。
小論文の中にニュースを引用するという先生の方針は、自己体験を含めた文章を独りよがりで嘘くさいと感じていた私にとっては、とても馴染みやすいものでした。
そのおかげで、初めは小論文1つを仕上げるのに数時間かかっていたものの、最終的にはスラスラと書けるようになり、順天堂大学の面接の際に小論文の内容を褒めていただけるなど、受験で大きな武器となりました。

☆後輩へのメッセージ。
私は、高2まで復習や音読をサボり続けたせいで、最後まで伸びきることができなかったので、皆さんは早いうちからしっかりとこれらに取り組むようにしてください。
また、語源ノートは作り始めると非常に面白いので、是非自分だけの一冊を作り上げてみてください。
そして、授業の内容についてだけでなく、勉強法や進路など困ったことがあれば、メールでも良いので先生がたに相談してみてください。
親身なアドバイスをくださるはずです。

☆大学受験を経て。
具体的な将来像を得られたということです。
というのも、小論文や面接のために様々なことについて調べ、考えるうちに、医師を目指す者としての自覚、将来どのような医師になりたいかなどが明確に定まったからです。
また、面接を通じてコミュニケーション能力も多少なりとも向上したと思います。

☆Gnobleはどんな塾?
入試勉強の範囲にとどまらない、幅広い知識と教養を得られる、どのような生徒にも寄り添ってくださるのがグノーブルです。


[2020/3/29up]
D.A.さん(豊島岡女子学園) 東京医科歯科大学 医学部・医学科 進学
[東京慈恵会医科大学 医学部・医学科、昭和大学 医学部・医学科 合格]

合格できて良かったです!

☆いつからGnoble?
中3冬。
知り合いのグノの卒業生にオススメしてもらったから。
アットホームな雰囲気だと感じました。

☆Gnobleの良かったところ。
読解の授業で文章の背景知識も紹介して頂けるので、理解が深まりました。
様々な構成の英文演習に多く取り組め、様々な文章の論理展開パターンを学ぶことができました。
毎日音読することやGSLの大切さを知りました。
授業があっという間に感じました!

中山先生
いつも親身になって相談にのって下さり、ありがとうございました。
私に足りないことを的確にアドバイスして頂いたことをきっかけに成績を伸ばすことができました。

本原先生
ゆったりとした雰囲気の授業が大好きで、毎週楽しみにしていました。
1年間ありがとうございました!

筆保先生
初めてグノで受けた授業が先生の授業で、とても楽しかったのを今でも覚えています。
短い間でしたが、お世話になりました。
本当にありがとうございました!

☆後輩へのメッセージ。
電車に乗っている時間など、すきま時間を有効活用するのが良いと思います!
私は、学校のお昼休みの時間に、友達とグノで扱った英文の音読をしていました。

☆大学受験を経て。
集中力が身に付いたと思います。


ホーム > 2020『声』 > 東京医科歯科(医含む)