GSL(英語音声教材) 活用法
※音声教材には次の3種類があります。
  ノーマルバージョン(通年提供される基本となる音声教材)
  スラッシュバージョン(夏前まで提供される、英語を語順のまま処理するための練習用)
  ハイパーバージョン(夏期講習以降提供される、英語が得意な人向き高速バージョン)

 ・音声教材を聞く場合は、イヤホン(ヘッドホン)がお勧めです。
 ・自分でも声を出すときは、イヤホン(ヘッドホン)の片側だけはずします。お手本に耳を傾けながら、自分の声も聞けます。


【自宅などで】(メモをしていないプリント使用)
 (1)音声を聞きながら、意味を意識し目で文を追いかける。慣れるまで繰り返す。(耳+目)

 (2)音声を聞き、目で文を追いかけ、まねして声を出す。口がうまく回るまで繰り返す。(耳+目+口)

 (3)音声は聞かずに、プリントを見て音読する。すらすら読めるまで繰り返す。(目+口)
 ※目の前に誰かがいると想像して、その人に内容をしっかり伝える気持ちで行いましょう。


【通学途中などで】(プリント不使用)
 (4)意味を意識しながら、繰り返し音声を聞く。

 (5)意味を強く意識しながら、繰り返し音声を聞く。

 (6)音声を聞きながら、声は出さずに口だけパクパク動かしていく。


【さらに高度な活用法】
 (7)Shadowing:プリントを見ずに、音声の後を追いかけるように発声。(耳+口)

 (8)Recitation:パラグラフや文章全体を暗唱。プレゼンしているつもりで発声。(口+体全体)


【GnoTubeの活用】
 (9)スマートフォンやタブレットコンピュータなどを使って頻繁に触れる。
 ※SUMMING-UPは毎回、流れるスクリプト画像付きで配信。SUMMING-UP解答例のページからアクセスできます。

ホーム > Gnoble生専用 > GSL活用法