2018 Gnoble 12期生 合格者の声 −東京工業大学− ※アイウエオ順

ホーム > 2018『声』 > 東工大


[2018/4/13UP]
I.S.さん(筑波大学附属) 東京工業大学 第7類 進学
[慶應義塾大学 薬学部・薬科学科、上智大学 理工学部 合格]

第1志望に無事合格出来て嬉しい気持ちでいっぱいです。

☆いつからGnoble?
姉のすすめで高1から入塾し、先生と生徒の距離が近くて良いと思った。

☆Gnobleの良かったところ。
授業内で当てられるのが最初は少し嫌でしたが、なれてきたらととても集中しやすく、やりとりにリズムも生まれる環境で良かったです。
先生とのコミュニケーションもとりやすく楽しく授業を受けられました。

私は英語が1番苦手だったので不安もありましたが、関田先生、松本先生その他たくさんの先生方のおかげで、英語の楽しさを知ることが出来良かったです。
Gnobleに入塾してよかったです!
ありがとうございました!

☆後輩へのメッセージ。
Gnobleは授業の予習、復習が大切です。
単語帳を丸暗記する必要はなく、前後のつながりも含めて覚えていくという方法を続けることが大切です。

☆大学受験を経て。
1日1日こつこつと勉強することで夢をつかむことが出来るということがわかり、これからの人生で壁にぶつかった時これを思いだしたいと思います。

☆Gnobleはどんな塾?
受験の英語ではなく英語の本質を学べる場。


[2018/4/13UP]
O.M.さん(女子学院) 東京工業大学 第6類 進学
[東京理科大学 工学部・建築学科 合格]

国立に受かってすごく安心しています。

☆いつからGnoble?
中1のスタートダッシュ講座から。
兄が通っていたから。

☆Gnobleの良かったところ。
・授業の振替が出来るところ。
・授業中に考える時間が長く、しっかりとその場で理解しながら進めることが出来た。
・先生が自分の得意・苦手分野をしっかりと把握してくれているので、質問に行くと、それをふまえてコメントしてくれるのが良かった。

纓田先生
学校での数学はあまり楽しくなかったけれど、グノの数学はいつもとても楽しめて、それは纓田先生の授業のおかげだと思います。

田部井先生
解答用紙の添削で毎回コメントをたくさん書いて下さって、何故自分の解答がダメなのかを分かった気がします。

長澤先生
正直最初はただ怖かったんですが、授業のプリントをしっかりと復習していると、どんどん力がつく実感があって途中から楽しくなりました。

岡崎先生
物理を初めて受けたときは、全く今何を学んでるのかすら分からなかったりもしましたが、やっていくうちに分かるようになっていくのが楽しかったです。

秋好先生
とにかく音読が大切だということを教えて下さいました。

菊島先生
覚え方を面白く教えてくれて、自然と頭に入ってきて楽しかったです。

☆後輩へのメッセージ。
模試で、思うような成績が出ないこともあると思いますが、自分でも驚くくらい最後まで学力はのびるので、嫌にならずに最後まで頑張ってください。

☆大学受験を経て。
体調管理こそが全ての基本だと学びました。

☆Gnobleはどんな塾?
丸暗記ではなく、理解しながら学べる塾。


[2018/4/13UP]
K.T.くん(城北) 東京工業大学 第4類 進学
[慶應義塾大学 理工学部・学門4、早稲田大学 先進理工学部・応用物理学科、東京理科大学 理工学部・物理学科 合格]

ほっとしました。
日々の勉強をくり返していこうと思います。

☆いつからGnoble?
高1春、友達から聞いて。
1回の授業で当てられる回数が多かったので最初は緊張しました。

☆Gnobleの良かったところ。
・授業内で解く問題数が多い。
・すぐに解説を受けられることで頭にも残りやすかった。
・英文の内容についても教えてもらえることで興味がいろいろでてきて、知識の幅が広がった。

関田先生
高3で1番お世話になりました。
自分の英語は先生のおかげです。

松本先生
ギャグを言った後に、なぜか空く時間が好きでした。
けっこう笑ってました。

秋好先生
高2と高3で習いました。
振り替えで習うことが多かったので、断続的な受講でしたが、名前を覚えていただき、授業後に声をかけていただいたときはうれしかったです。

☆後輩へのメッセージ。
東工大は理系の大学で、数学が大切ですが、英語ができると非常に大きなアドバンテージになります。
授業で先生たちの話をしっかり理解して、音読を繰り返そう!!

☆Gnobleはどんな塾?
英語がしっかり読めるようになる塾です。


[2018/4/13UP]
N.R.くん(開成) 東京工業大学 第2類 進学
[東京理科大学 工学部・電気工学科 合格]

せっかく大学に入れたので、勉強を楽しもうと思っている。

☆いつからGnoble?
高1の終わりくらいだったはず。
なんというか合っているような気がした。

☆Gnobleの良かったところ。
・ある問題への対処法ではなく、万能なアプローチを教えてくれる。
・適度に本質を見る。

中村先生
入試に通る方法について教えてくれたのが、印象に残っています。
本番でも役に立ったので、本当に感謝しています。

有川先生
大学につながることを教えてもらったのが印象に残っています。
大学でも物理をがんばっていきたいです。

伊藤先生
夏期の上級の糖の授業が印象に残っています。
化学が好きになれたので、これからも勉強していきたいです。

☆後輩へのメッセージ。
・とにかく復習を重視し、復習できない量は絶対にやらない。
・毎日勉強していると、前にやったことを忘れがちなので、反省ノートのような記録をつける。

☆大学受験を経て。
面白くないと思っていた勉強が面白くなった。

☆Gnobleはどんな塾?
理系なら行くべき塾。


ホーム > 2018『声』 > 東工大