2018 Gnoble 12期生 合格者の声 −University of Toronto− ※アイウエオ順

ホーム > 2018『声』 > UofT


[2018/5/14UP]
I.T.くん(開成) University of Toronto Faculty of Arts and Sciences International Foundation Program 進学

進路が決まって一安心しています。
9月から1年間 University of TorontoでIFPを受けた後、そのままU of TのUndergraduateに進むorカナダ国内の他の大学を受験するつもりです。

☆いつからGnoble?
中3の終わり頃。
高校生になったら受験に備えて塾に通おうと思っていたので、母の勧めるグノーブルに。
生徒と先生の距離が近くて、いい塾だなと感じました。

☆Gnobleの良かったところ。
・どの先生も高圧的でなく、フレンドリー。
・授業内演習をしてくれるところ。
・英語の音声教材がある。

田部井先生
数学だけでなく、どうすれば数学ができるようになるのかという方法論まで教えていただいた事が、強く印象に残っています。
高2から2年間、お世話になりました。

吉田先生
高2の1年間、お世話になりました。
無味乾燥にも思えた古文が、先生の授業で好きな科目になりました。

越川先生
何故そういった発想に至るのかを、授業でいつも教えてくれたので、すんなりと理解することができました。

中山先生、本原先生、秋好先生
受験英語に囚われず、本物の英語力がつくような教材で指導していただいたおかげで、TOEFLも対策前から高いスコアを取れました。
先生方に土台を築いていただけたので、これからは英語で勉強して行きたいと思います。

☆後輩へのメッセージ。
理科/社会は早めに手をつけた方がいいです。

☆大学受験を経て。
受験勉強を通して、広範な教養が身につきました。
大学で専門分野を学ぶための土台となるのだろうなと感じています。
自分なりの勉強の仕方、スタイルも身につけられた気がします。

☆Gnobleはどんな塾?
先生との距離が近い、アットホームな塾!
3年間グノに通えて幸せでした。


ホーム > 2018『声』 > UofT