2018 Gnoble 12期生 合格者の声 −法政大学− ※アイウエオ順

ホーム > 2018『声』 > 法政


[2018/5/13UP]
M.Y.さん(聖ドミニコ学園) 法政大学 法学部・国際政治学科 進学 進学
[日本女子大学 人間社会学部・現代社会学科 合格]

GMARCHの大学に行けることになったので安心しています。
国際系を志望しているので、Gnobleで培った知識や英語力を伸ばしていきたいです。

☆いつからGnoble?
高2の冬に前の塾を辞める決意をして、前の塾に入る時に他の候補だったGnobleに入ることにしました。
入塾前にネットで合格者の声を見た時に書いてあった通りで好印象でした。

☆Gnobleの良かったところ。
以前行った塾では宿題の量が多すぎて終わらなく、毎週友達同士で宿題の答えをシェアするようなことを皆していたので意味がないと思い辞めました。
Gnobleは宿題が少なく、授業のプリントと合わせて次の週までに十分に間に合うので良かったです。
先生方がすぐに名前を覚えてくださるのも嬉しかったし、個別に先生が授業であててくださるのも他の塾と違う良い所だと思います。

中山先生
先生の授業はとてもエネルギッシュで一生懸命に教えてくださるのが生徒にとても伝わってくるので、頑張らなきゃと思いながら授業を聞いていました。
難しい内容も黒板で図解してくださったり、生徒を巻き込んで分かりやすい例を用いて説明してくださるので印象に残りました。

本原先生
先生の授業では当てられて間違えても笑顔でフォローして答えに導いてくださり、心強かったです。
添削でgoodや長文のアドバイスをしてくださるのが嬉しくてモチベーションにつながりました。

お二人の授業を受けてなかったら、英語の楽しさを知ることもなかったと思います。
もっとはやくGnobleに出会いたかったです。
本当にありがとうございました。

☆後輩へのメッセージ。
音読を続けて意味があるのかと思う程最初は要約の点数が低かったのですが、地道に続けていたら最初の時の様な点数はとらなくなりました。

☆大学受験を経て。
志望校には落ちたけれど、自分の実力で行く学校なので納得しています。
“自分次第”ということを実感した自分にとって良い経験となりました。

☆Gnobleはどんな塾?
頑張りたいと思える塾。


ホーム > 2018『声』 > 法政