2018 Gnoble 12期生 合格者の声 −福島県立医科大学(医学部)− ※アイウエオ順

ホーム > 2018『声』 > 福島県立医科(医)


[2018/4/9UP]
T.H.さん(筑波大学附属) 福島県立医科大学 医学部・医学科 進学 (後期)

放射線医療の臨床研究をしたいです。
人として、医師として、すばらしい人になりたいです。

☆いつからGnoble?
高1の4月
ピアノ教室の先輩が通っていたから

☆Gnobleの良かったところ。
Gnobleは宿題はほぼ出ません。
それは、復習中心だということですが、同時に、生徒である私たち1人1人が自分の課題と弱点を把握して自覚的に実力を上げていくということです。
私は高校受験の経験から、与えられた宿題をこなす習慣はありましたが、自分を冷静に見つめて自分に合った勉強をアレンジしていくことはできていませんでした。
それをGnobleで学ぶことができ、直前期にとても力を伸ばすことができました!

中山先生
1年間ありがとうございました!
先生からいただいたアドバイスは、ときに厳しいこともありましたが笑、とても的確で、自分の勉強の仕方を見つめ直すきっかけとなりました。
特に、直前期に大量の過去問を添削をしていただき、そこに書かれているコメントからたくさんのことを学ばせていただきました。
ありがとうございました。

本原先生
私は英語の文法が嫌いだったのですが、先生の授業はどうしてその文法になったのか、ラテン語の知識も交えて説明して下さったので、楽しくうけられました。
ありがとうございました。

田部井先生
たくさん相談にのっていただき、ありがとうございました。
ただ、私には、問題が少し難しすぎることもありましたが笑
基礎からやり直してまたテスト演習参戦したいです(数学は好きです!)。

長澤先生
独学で数学をやるようになってはじめて先生のおっしゃっていた「問題を深く考える」ことの意味が分かるようになりました。
少しの間だったけれど、先生の授業で学んだことは大きかったです。
ありがとうございました。

関田先生
部活後の授業のときは睡魔との戦いを強いられたことが多々あって、ごめんなさい。
先生の授業で、文法の基礎を学べました。
ありがとうございました。

☆後輩へのメッセージ。
私は勉強において、沢山失敗してしまったので、自分の反省点を踏まえてのことです。
その日に学んだこと、自分で考えたが分からなかったことをノートにつけておくと良いです。

☆大学受験を経て。
“問題を見つけ、解決するにはどうすればよいかを考える”ことができるようになったこと。

☆Gnobleはどんな塾?
とにかく凄い塾!
考え方まで変わり、成長できる塾です!!


ホーム > 2018『声』 > 福島県立医科(医)