2017 Gnoble 11期生 合格者の声 −関西医科大学(医学部)− ※アイウエオ順

ホーム > 2017『声』 > 関西医科(医)


[2017/4/22UP]
I.Y.さん(鷗友学園女子) 関西医科大学 医学部・医学科 進学

とりあえず終わってホッとしています。
国連英検等の資格取得を目指します。(笑)

☆いつからGnoble?
Gnobleにお世話になったのは高1の秋からです。
先生方が、入塾して一日目にして皆の顔と名前を覚えていたのがとても衝撃でした。

☆Gnobleの良かったところ。
とにかく生徒と先生との距離が近い!!
大手の予備校ではなかなか講師に質問や相談がしにくいが、Gnobleでは気軽にできる。
また、生徒1人1人の弱点を先生が把握してくださって、添削シートに「どこどこを直せば良い答案が作れるようになる」などとコメントを詳しく書いてもらえるので、弱点克服がし易い!

秋好先生
高2からお世話になりました。
語源となる単語を大きくマルで囲み、矢印で単語をつなげて覚える単語の教え方は、試験本番で見知らぬ単語が出たときも意味を推測するのに大きく役立ちました。
ありがとうございました。

松本先生
授業中に飛び出すダジャレ(?)がとても面白かったのが印象的です(笑)
グノに行くときはいつも松本先生の面白く、分かり易い授業を楽しみにしていました!

関田先生
高2からお世話になりました。
「せきたてる」「駆りたてる」…“urge”は一生忘れません(笑)

中山先生
高3になって成績が低迷した時、「やり方を悩むより、やってみてから勉強方法を色々改善してみたら」と声をかけて頂いたおかげで、なんとかここまで来られました。
短い間でしたが本当にありがとうございました!!

本原先生
短い間でしたが本当にお世話になりました。
本原先生の笑顔にはいつも癒されていました(笑)

☆後輩へのメッセージ。
単語ノートは「買う」ものじゃなくて「作る」ものです。
とにかくGnobleの英語長文を日々読んでおけば読解力は上がります!

☆大学受験を経て。
「その場しのぎの努力」ではなく「努力の継続」が大事だな、と気づかされました。

☆Gnobleはどんな塾?
生徒への眼差しが優しく温かい塾です。


ホーム > 2017『声』 > 関西医科(医)